So-net無料ブログ作成

【ボクと隕石と仲間たち⑤】MOTHER2 [プレイ日記]

M17-100910-5.gif

声が聞こえる・・・。僕を呼ぶ声が・・・。

僕の名前はポロコ、北の大地ウィンターズの寄宿学校に
通う学生なんだ。ある日の夜、僕を呼ぶ声が聞こえて
目が覚めた。

あの女の子と男の子はいったい・・・。
でもとても気になる・・・。僕を仲間だと言っていた。
仲間・・・。。。

その言葉に惹かれて、いてもたってもいられず、旅立つ事に
した。隣で寝ているルームメイトのトムを起こさない様に・・・。
と思ったけど、トムは目を覚ましてしまった。
突然旅立とうとする僕を、止めたりせずアドバイスまで
くれたりする、トム。お前良い奴だな。。。

ちょっと変り者で有名な、ガウス先輩の手を借りて
ロッカールームで初期装備をゲットする。

いよいよお別れだ・・・。
さようならトム!!!明日のキミの誕生日を祝えなくて残念だ・・・。
きっとまた帰ってくるよ!

M18J-100910-6.gif

寄宿舎の直ぐ隣の店で、フーセンガムを買ったらサルが
付いてきた。バルーンモンキーと言うサルらしい。
ふむ。フーセンガムを膨らまして、少しの間浮遊出来る様だ。
とても興味深い。一緒に連れていく事にしよう。

M19J-100910-7.gif
スナップショット No8

道なりに南下していくと、タス湖に出た。タス湖ではタッシーと言う
恐竜時代の生き残りが居るのではないかと、常々噂されている。
「タッシーは風の強い日に出る」湖で出会った、タッシー観測隊の
面々は僕にそう言った。観測隊のテントでシチューをご馳走になり
一晩泊めてもらうと・・・、翌日は風が強くなっていた!!!
僕の手から急にフーセンガムをひったくるサル。

プーっとガムを膨らませ、僕を連れて浮き上がるサル。
するとそこには、優しい目をした巨大な生き物が居たのだった!

M20J-100910-8.gif

タッシーは僕とサルを乗せて、対岸まで連れて行ってくれた。
ありがとうタッシー^^
悪い人間に見つからない事を祈ってるよ。。。

M21J-100910-9.gif
スナップショット No9

ここを南下していけば、父さんの研究所があるはずだ。。。
なぜか知らないけれど、途中に迷路があったりと変な所だったけど。
迷路を抜けた所で・・・サルが恋に落ちた・・・。所詮、ケダモノかw 
でも、ここまで1人じゃ無かったのはとても心強かった。
ありがとう、サル。彼女と幸せに暮らすんだぞ!

M22J-100910-10.gif

M23J-100910-11.gif
スナップショット No10

M24J-100910-12.gif

僕の父さん、アン・ドーナツ博士の研究所に到着。
父さん・・・相変わらずですねw
父さんの理論はまだ僕には解らないけれど、父さんは天才肌の
科学者だ。きっと僕を仲間の所に連れて行ってくれるだろう!
球状の物体、スカイウォーカーに乗りこむ。

M25J-100910-13.gif

すると、ふわりと球は浮き上がり、僕を乗せて空高く
舞い上がって行った。父さん、ありがとう!行ってきます!!!

時折下降しながら、山を越え大陸を超えスカイウォーカーは
飛んでいく。そしてやがて・・・。。。

どかーん!!!

やれやれ、父さんの研究はツメが甘いな(-_-;)
しかし墜落した先は、仲間が閉じ込められていた場所だった。
意外な現れ方をした僕に、目をパチクリさせる女の子と男の子。
ああ、あの日見た女の子と男の子だ^^

服に付いた埃を払いながら、僕は言う。

「やあ!僕はポロコ。君達を助けにきたよ^^」

M26J-100910-14.gif

⑥へ続く

--
なんかやたらと写真屋さんが登場して、うっとおしいくらいでしたw
画像が多くなってしまいスミマセン(^。^;)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0