So-net無料ブログ作成

空と海と大地と呪われし姫君-1【DQ8】 [ドラクエ]

タブレット端末でスクリーンショットを撮る事が出来るように
なったのでスマホ版DQ8日記、はじめまーす。
ネタばれなのでプレイ中の方はお気を付け下さい。

数日間スクショを撮る事が出来なかったので画像は
物語の途中からになります。
久々なんでどーしようかな。。。普通で行くか。

----

物語は旅の途中からいきなり始まります。。。
登場人物は馬車の手綱を引いた青年と、御者台に座る緑色の人(?)と
馬車を曳く白くて美しい馬。そして盗賊風の風貌の男。

旅の途中、休んでいると突然スライムに襲われます。
(いわゆるチュートリアルと言うヤツ)
背中に背負った剣を引抜き、サクっと終了。

どうやらこの奇妙なパーティは「ドルマゲス」なる人物を
追って旅をしている様です。
「呪い」と言うキーワード。
と言う事は緑色の人物は魔物っぽい風貌ですが元は
人間だったと言う事でしょうか?

馬の名前は「ミーティア」緑色の人物は「トロデ王」
盗賊風の男は「ヤンガス」と言う名前でした。

奇妙な一行はある町にたどり着きます。
ドルマゲスの行方を追う為の手掛かりになる「マスター・ライアス」を
探してみるも・・・。数日前に火事で亡くなったとの事。。。
しかも村人の話を聞くと、ライアスの元に道化師の様な姿の
異様な風体の男が訪ねていたとの事ではないですか!

その男こそ一行が追っているドルマゲスだったのです。
ライアスはドルマゲスの師でしたが、犠牲者となってしまったのでした。

町を去ろうとすると、1人の少女に呼びとめられる主人公。
町でかつて良く当ると評判だった占い師ルイネロの一人娘ユイマでした。
かつて百発百中だったルイネロの占いは、有る時を境に全く
当らなくなったそうなのです。そこで滝の洞窟に眠ると言う
水晶玉を取って来て欲しいと、少女は主人公に頼むのでした。

まあここは断っても話が続かないのでw快く受ける事にしたのでした。

初めてのボス戦。まあ初ボスなのでサクっと終わるだろうと
行ってみたものの・・・。。。回復のタイミングが悪く全滅・・・。。。2回もwww
もう少しレベルを上げて再トライ。やっと撃破w

どーやらルイネロ自身がこの滝に水晶玉を捨てに来たらしいのです。
その理由は・・・。

ユイマはルイネロの実の娘ではなく、昔名声を得る事だけを考えて
後先考えずに何でも占っていた頃に、占いで場所を知った悪者に
実の両親を殺され残された赤ん坊だったのです。
それ以来、罪の意識に苛まれ、水晶玉を手放したルイネロだったのでした。

ユイマはルイネロが実の親では無い事を知って居ました。
愛娘の願いを聞き入れ、水晶玉を割らずに手元に戻すルイネロ。
お礼の代わりにドルマゲスの足取りを占ってくれました。
南へ向ったと言う助言を受け、再び旅立つ一行でした。

次に訪れた村、リーザズは深い悲しみに包まれていました。
村の名士たるアルバート家の長男が殺されたばかりだそうなのです。
また殺人・・・。
悪い予感がします。。。

アルバート家のお嬢様、ゼシカ嬢が兄が亡くなった塔に向ったと
言う情報を得て、救出に向かいます。
最上階にたどり着いたその時・・・。扉から1人の女性が現れ
盗賊と間違われてしまいました。。。まあ知らない人が居たらそう思うのも
無理はないけれど、問答無用で魔法を撃って来ますっ。
人の話を聞きなさーーーーい!!!

その時・・・。村の守り神たるリーザス像が光り、声が聞こえてきました。

Screenshot_2013-12-17-22-02-58.png

ふうう・・・。なんとか助かった。なんて危ない女だwww
像にやどったお兄さんの魂が語りかけて来たのでした。
真実が伝えられます。

やはりドルマゲスの犯行でした。。。
泣き崩れるゼシカ嬢。

なんと声をかけたらいいのだろう・・・。

Screenshot_2013-12-17-22-08-20.png

こんな時はそっとしておいてあげるのが一番か・・・。

しかーし!!!この娘はただ悲しんでいるだけの娘じゃなかったwww
兄の敵を打ちに行くと母親と大喧嘩して、家を飛び出すのでした。
ぽかーん。です。。。

港で再び出会った。モンスターのせいで船が出港できないそうなのだ。
ちょっと倒してきてよ^^って事で、駆り出されました。
しかしまあ・・・あの泣き崩れてた清楚なお嬢さんとは思えないバイタリティ。

Screenshot_2013-12-18-21-11-55.png

ドルマゲスを追うと言う目的が一緒なので、一緒に旅する事に
なりました。ゼシカさん、どーしてずり落ちてぺろーんとならないのか
不思議なお召物ですw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0